Spiced Rum Cheese Cake

0
Spiced Rum Cheese Cake

サンクスギビングの週末はたぶん飛行機が満席だから、その前のこの週末にピッツバーグに帰省してターキーをいただく予定だったのですが。火曜日にペンシルバニア州で他所からの旅行者には72時間以内のコロナウィルス検査の陰性証明+14日間の自主隔離のアナウンスがあり、残念ながら中止に。

というわけで今年はサンクスギビングなし・・・なのか!?

とはいえ、ターキーなんて食べるの年に一回ぐらいだし、せっかくなのでお二人さまサンクスギビングディナーを作ってみよう〜(拍手)

サンクスギビングで一般的なのが

■ターキーの丸焼き →二人で丸焼きは無理なので、ターキーの胸肉スライスに炒めたセロリ、マッシュルーム、玉ねぎにパン粉を絡めてスタッフィング風にしたものを巻いて、メープルバターソースで。

■スタッフィング →パンと香味野菜をオーブンで焼いたもの。

■クランベリーソース(缶詰)→クランベリージュースとかは好きだけど、これだけは本当にいただけない。省略。

■スイートポテトの缶詰をあま〜く煮たもの →スイートポテトのオーブン焼きに変更。

■グリーンビーンズのキャセロール →これもなぜか缶詰のグリーンビーンズが好きな人が多いけど、フレッシュで。

■マッシュドポテト →

■グレービーソース →ブラウンソースの要領でビーフブイヨンで適当に作ってみる。

というわけで出来上がったのがこちら(作業時間1時間)↓

だんなさんからは”面白い解釈だ”とのお言葉でした。

それからデザートはパンプキンパイが一般的だけど、一人で消費するのが大変なので、代わりにこちらを。

秋冬に食べたいのは、こんなウォームなスパイスとラム酒の効いた、大人のチーズケーキ。

Cookpadのページはこちら

[材料]

■クラスト

 グラハム・クッキー    100g

 無塩バター        50g

 グラニュー糖       25g

 シナモン         小さじ1

 塩            ひとつまみ

■フィリング

 クリームチーズ      200g

 グラニュー糖       70g

 ブラウンシュガー     25g

 卵            1個

 バニラエッセンス     小さじ1/2

 ラム酒          30ml

 生クリーム        40ml

 バニラエッセンス     小さじ1

 ☆薄力粉          15g

 ☆シナモン         小さじ1/2

 ☆ナツメグ         小さじ1/4

 ☆塩            ひとつまみ

[作り方]

1. クリームチーズは室温に戻す。型にオーブンペーパーを敷く。☆の材料を混ぜ合わせる。オーブンを150度に予熱する。

2. グラハムクラッカーをフードプロセッサーなどで細かくし、グラニュー糖とシナモンを混ぜる。溶かした無塩バターを加えて混ぜ、型の底に敷き詰める。

3. クリームチーズを泡立て器でクリーム状に混ぜ、グラニュー糖とブラウンシュガーを加えてさらに混ぜる。

4. 3に卵を加えてよく混ぜる。

5. 4にラム酒、生クリーム、バニラエッセンスを加えてダマのないように混ぜる。

6. ☆を加えて粉気がなくなるまで混ぜ、2の型に流し入れる。型をアルミホイルで覆い、周りに熱湯を注いで湯煎にし、オーブンに入れて60分〜75分焼成する。

7. 中央がほんのり固まったぐらいが目安です。表面に焦げ目がついたら焼き過ぎです。

LEAVE A REPLY